環境
社会

MDGs(ミレニアム開発目標)とは?成果や課題、SDGsとの違いを解説

最近よく話題にあがる「SDGs(持続可能な開発目標)」は、「MDGs(ミレニアム開発目標)」という目標が基になっていることをご存じですか? 2000年にスタートして2015年に終了したこの目標は、いくつか課題を残しつつもある程度の成果をあげました。

この記事では、MDGsとは何か、MDGsの成果や課題、SDGsとの違いについてわかりやすく解説します。

SDGsイベントの相談をするSDGsイベントの資料をダウンロードする

MDGsとは? 

MDGsは、正式名称を「ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals)」といいます。

開発途上国における貧困や教育、健康などに関する問題を解決するため、2000年に採択された「国連ミレニアム宣言」を基にまとめられた世界的な開発目標です。8つの目標と21のターゲット、60の指標が掲げられていて、2015年を目標の達成期限としました。

日本をはじめ世界各国で取り組みが行われた結果、15年の間にさまざまな成果をあげることに成功しました。ただ、同時にいくつかの課題も残ったため、MDGsを引き継ぐ形でSDGs(持続可能な開発目標)が設定されたのです。

MDGsが設定されるまでには、大まかに以下のような経緯をたどりました。

 

1972年

国連人間環境会議で「人間環境宣言」を採択

1987年

環境と開発に関する世界委員会が報告書「Our Common Future」を公表

このなかで「持続可能な開発」という言葉が使われた

1992年

国連環境開発会議(地球サミット)で「リオ宣言」や「アジェンダ21」を採択

同時に、「気候変動枠組条約」や「生物多様性条約」も成立

1995年

世界社会開発サミットで「コペンハーゲン宣言」を採択

1997年

気候変動枠組条約 第3回締約国会議(COP3)で「京都議定書」を採択

国連環境特別総会で「アジェンダ21の一層の実施のための計画」を採択

2000年

ミレニアムサミットで「国連ミレニアム宣言」を採択

 

第二次世界大戦後は世界各地で開発が進んできましたが、国や地域によって経済・環境・教育などさまざまな面で明確な差が出始めました。特に、発展途上国で貧困や飢餓などの社会問題が悪化したため、1980年代後半から「持続可能な開発」という理念が提唱されるようになったのです。

そうした社会背景から、上表にある「リオ宣言(持続可能な開発の基本原則を定めた宣言)」「アジェンダ21(リオ宣言を実行に移すための行動計画)」など、持続可能な開発に関わるものが次々と採択されました。1995年の世界社会開発サミットでは、「2015年までに最貧困層を半減させる」という目標も採択されています。

このような国際的な流れを受けて、1990年代に採択した内容と「国連ミレニアム宣言」を統合する形で、2000年にMDGsは誕生しました。

MDGsの8つの開発目標 

ここでは、MDGsで示されている8つの目標について具体的にみていきます。

参考:MDGsの8つの目標 | 国連広報センター

目標1 極度の貧困と飢餓の撲滅

MDGsの1つ目の目標「極度の貧困と飢餓の撲滅」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 1990年から2015年までに、1日1ドル未満で生活する人々の割合を半減させる。
  • 女性や若者を含め、完全(働く意思と能力を持っている人が適正な賃金で雇用される状態)かつ生産的な雇用とすべての人々のディーセント・ワーク(※)を達成する。
  • 1990年から2015年までに、飢餓に苦しむ人々の割合を半減させる。
※ディーセント・ワーク:働きがいのある人間らしい仕事

貧困と飢餓について割合を半減させるという高い目標が設定されており、そのために雇用に関する取り組みが行われました。

目標2 普遍的初等教育の達成

MDGsの2つ目の目標「普遍的(※1)初等教育の達成」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 2015年までに、すべての子どもたちが、男女の区別なく、初等教育(※2)の全課程を修了できるようにする。
※1 普遍的:広く行き渡る様子。 
※2 初等教育:基本的な教育のこと。日本では小学校における教育を指す。

発展途上国には、学校へ行かせるだけの金銭的余裕がなかったり、労働力として扱われたりしていて、読み書きや計算といった基本的な教育を受けられていない子どもたちがいます。その子たちに初等教育を施すことで、将来の就職に困らないようにすることが目的でした。

目標3 ジェンダー平等の推進と女性の地位向上

MDGsの3つ目の目標「ジェンダー(※)平等の推進と女性の地位向上」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • できれば2005年までに初等・中等教育において、2015年までにすべての教育レベルで、男女格差を解消する。
※ジェンダー:生物学的ではなく、社会的・文化的な「男らしさ」「女らしさ」といった分け方のこと。

女子・女性の地位が低く、「女性は家庭を守るべき」といったジェンダー意識が強い地域では、教育面でも男女格差が出ていました。その状況を鑑み、男女平等の教育を施すように設定された目標です。

目標4 乳幼児死亡率の削減

MDGsの4つ目の目標「乳幼児死亡率の削減」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 1990年から2015年までに、5歳未満の幼児の死亡率を3分の2引き下げる。

特に、衛生的でなかったり、医療技術に乏しかったりする発展途上国で乳幼児の死亡率は高くなるため、その状況を改善するために設けられました。

目標5 妊産婦の健康の改善

MDGsの5つ目の目標「妊産婦の健康の改善」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 1990年から2015年までに、妊産婦の死亡率を4分の3引き下げる。
  • 2015年までに、リプロダクティブ・ヘルス(※)の完全普及を達成する。
※リプロダクティブ・ヘルス:性や子どもを産むことについて本人の意思が尊重されること

発展途上国では妊産婦の死亡率が高くなっているため、医療技術を発展させるなどして死亡率を下げようとしました。また、リプロダクティブ・ヘルスを普及させることで、どんな「性」でも、子どもを産んでも産まなくても、健康的に生きられるようにすることを目標としました。

目標6 HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止

MDGsの6つ目の目標「HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 2015年までに、HIV/エイズ(※1)のまん延を阻止し、その後、減少させる。
  • 2010年までに、必要とするすべての人々は誰もがHIV/エイズの治療を受けられるようにする。
  • 2015年までに、マラリア(※2)その他の主要な疾病の発生を阻止し、その後、発生率を下げる。
※1  HIV/エイズ:HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって免疫機能が低下する症状。
※2 マラリア:マラリア原虫をもった蚊に刺されることで感染する疾患。

HIV/エイズやマラリアは、「三大感染症」にも数えられるほど世界的に死亡率の高い疾病です。こうした疾病が広まることは労働力の低下や経済の低迷といった問題にもつながるため、HIV/エイズやマラリアへの対策を講じることを目標としました。

参考:【第1章】三大感染症の現状|外務省

目標7 環境の持続可能性の確保

MDGsの7つ目の目標「環境の持続可能性の確保」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 持続可能な開発の原則を各国の政策やプログラムに反映させ、環境資源(※1)の喪失を阻止し、回復を図る。
  • 生物多様性の損失を抑え、2010年までに、損失率の大幅な引き下げを達成する。
  • 2015年までに、安全な飲料水と基礎的な衛生施設を持続可能な形で利用できない人々の割合を半減させる。
  • 2020年までに、最低1億人のスラム(※2)居住者の生活を大幅に改善する。

※1 環境資源:水や森林といった自然的資源。
※2 スラム:都市部にいる貧しい人が集まって生活している地域

自然環境を守ることで、地球上の多様な生物を守るとともに、人間の暮らしを向上させることを目的として設定されました。

目標8 開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

MDGsの8つ目の目標「開発のためのグローバル・パートナーシップ(※)の推進」では、より具体的な項目として以下のターゲットが設定されました。

  • 開放的で、ルールに基づいた、予測可能でかつ差別のない貿易および金融システムのさらなる構築を推進する。
  • 後発開発途上国の特別なニーズに取り組む
  • 内陸開発途上国および小島嶼開発途上国の特別なニーズに取り組む。
  • 開発途上国の債務に包括的に取り組む。
  • 製薬会社との協力により、開発途上国で必須医薬品を安価に提供する。
  • 民間セクターとの協力により、情報通信技術をはじめとする先端技術の恩恵を広める。
※グローバル・パートナーシップ:地球規模の協力体制。

貿易や金融面においてはフェアな取引を行い、発展途上国に足りない部分については先進国が積極的に支援することが目的でした。

MDGsの成果 

MDGsの達成期限は2015年であり、すでに終了しています。期限をむかえた際に公表されたMDGsの成果と、それに対する評価について解説します。

参考:国連ミレニアム開発目標報告 2015(PDF)

国連ミレニアム開発目標報告 ファクトシート(PDF)

目標1 極度の貧困と飢餓の撲滅

目標1については、以下のような成果が報告されました。

  • 極度の貧困:1990 年には発展途上国の人口の半数近くが1日1.25ドル未満で生活していたが、2015年には14%まで減少。これにより、10億人以上の人々が極度の貧困から脱却できたと解釈されている。
  • 飢餓:発展途上国における栄養不良の人々の割合は、1990年から1992年の期間は23.3%だったが、2014 年から2016年の期間は12.9%となり、1990年からほぼ半分に減少。

貧困や飢餓に苦しむ人々の割合を半減させるという目標は、ほぼ達成できたといえるでしょう。

目標2 普遍的初等教育の達成

目標2については、以下のような成果が報告されました。

  • 初等教育就学:開発途上地域において、2000年の83%から2015年には91%に達した。
  • 非就学児童:世界全体で1億人(2000年)から推計で5,700万人(2015年)まで減少。
  • 識字率:15~24歳までの識字率は、世界全体で1990~2015年の間に83%から91%に向上。

初等教育就学率や識字率は上昇し、非就学児童数は減少するという成果をあげています。また、識字率については全体の数値が向上したことに加え、男女格差もある程度縮小されました。

目標3 ジェンダー平等の推進と女性の地位向上

目標3については、以下のような成果が報告されました。

  • 教育におけるジェンダーの平等:南アジアでは、1990年には小学校に通う女子は男子100人あたりわずか74 人だったが、2015年には男子100人あたり103人の女子が小学校に通っている。
  • 女性の雇用:非農業部門で女性の有給雇用の比率は、1990年の35%から2015年には41%に増加。
  • 議会における女性:過去20年間でデータのある174カ国のうち、90%近い国で女性の政治参加が進み、同期間に議会における女性議員の割合は平均でほぼ倍になった。

教育・労働・政治における男女平等や女性の進出は、15年間で確実に進んだといえます。とはいえ、特に労働・政治面での女性の比率はまだ低いのが実情です。

目標4 乳幼児死亡率の削減

目標4については、以下のような成果が報告されました。

  • 幼児死亡率:世界の5歳未満幼児死亡率は、1990~2015年の間に、生児出生1,000人あたり90人から43人へと低下。(1990年の1,270万人から2015年にはほぼ600万人まで減少)
  • 感染症:はしかの予防接種により、世界全体ではしかの症例数は67%減少。少なくとも1回はしかの予防接種を受けた子どもの割合は、世界中で2000年の73%から2013年には84%まで上昇。

予防接種をはじめとする医療的な対策をとったことで、乳幼児の死亡率は著しく下がりました。

目標5 妊産婦の健康の改善

目標5については、以下のような成果が報告されました。

  • 妊産婦死亡率(世界全体):1990年以降は世界の妊産婦死亡率はほぼ半減したが、その減少の多くは2000 年以降に起きた。
  • 妊産婦死亡率:南アジアにおける妊産婦死亡率は、1990~2013年の間に64%低下し、サハラ以南のアフリカではほぼ半減。
  • 出産立会い:2014年には世界の4分の3近い出産が熟練医療従事者の立会いの下で行われ、1990年の59%から上昇。

南アジアやサハラ以南のアフリカでは、妊産婦の死亡率は大幅に低下しています。世界全体でみても1990年以降は妊産婦の死亡率がほぼ半減し、さらにその減少の多くはMDGsがスタートした2000年以降に起きたという報告がされました。

目標6 HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延防止

目標6については、以下のような成果が報告されました。

  • 新規HIV感染者:HIVへの新規感染者は、2000年の推定350万人から2013年の210万人へと約40%減少。
  • 抗レトロウイルス療法:2003年にはわずか80万人だった、HIV感染者が抗レトロウイルス療法(ART)を受けた人口が、2014年6月までに世界で1,360万人まで増加。ARTにより、1995~2013年の間に760万人がエイズによる死を免れた。
  • マラリアによる死およびマラリア発生率:2000~2015年の間に、620万人以上の人々がマラリアによる死を免れた。世界のマラリア発生率は推計で37%低下し、死亡率も半分以下に減少。
  • 結核:2000~2013年の間に、結核の予防・診断・治療によって推計で3,700万人の命が救われた。結核による死亡率は45%低下し、有病率は1990~2013年の間に41%低下。

HIV・マラリア・結核といった感染症に対する予防や治療によって、それぞれの発生率・死亡率の減少が報告されました。

目標7 環境の持続可能性の確保

目標7については、以下のような成果が報告されました。

  • 飲料水:2015年には世界の人口の90%以上が改良された飲料水源を使用しており、1990年以降に約26億人が改良された飲料水へのアクセスを得た。
  • 衛生施設:世界全体で21億人の人々が、改良された衛生施設を利用できるようになった。1990年以降に、野外排泄を行う世界の人口の割合はほぼ半減。
  • オゾン層破壊:オゾン層破壊物質は1990年以降ほとんどが除去され、オゾン層は21世紀半ばまでに回復するとの見込み。
  • スラム:発展途上国でスラム地区に居住する都市人口の割合は、2000年の約39.4%から2014年には29.7%まで減少。

飲み水やオゾン層といった自然環境についての対策が進んだことと、衛生施設(トイレ)が普及して人の暮らしが少しずつ向上している様も報告されました。

目標8 開発のためのグローバル・パートナーシップの推進

目標8については、以下のような成果が報告されました。

  • 政府開発援助(ODA):先進国からのODAは、2000~2014年の間に実質ベースで66%増加し、1,352億ドルに到達。
  • 貿易:先進国の開発途上国からの輸入のうち、非課税輸入の割合は2000年の65%から2014年にはほぼ5分の4まで上昇。
  • インターネット普及率:インターネット普及率は、2000~2015年の間に6%から43%まで増加。

ODAの金額が増加したり、フェアトレードの割合が上昇したりと、先進国から発展途上国に対する支援が進んだことがわかります。また、インターネットも15年間で大幅に普及し、多くの人がグローバル・ネットワークに接続できるようになりました。

MDGsで残された課題 

MDGsは数々の成果をあげましたが、一方で残された課題もあります。ここでは、MDGsで達成しきれなかった項目について解説します。

参考:国連ミレニアム開発目標報告 2015(PDF)

国連ミレニアム開発目標報告 ファクトシート(PDF)

ジェンダー不平等

MDGsの成果として、ジェンダー平等や女性の地位向上がある程度は進みましたが、貧困・労働・賃金・政治などの面において、いまだに大きなジェンダー格差は残っています。

例えば、世界全体で就業年齢の男性の約4分の3が労働に従事しているのに対し、就業年齢の女性で労働に従事しているのは半分です。また、世界全体で女性の国会議員が占める割合は、議員5人あたり1人と決して高いとはいえません。

貧困・飢餓

貧困や飢餓に対しても、割合を半減させるという大きな成果をあげた一方で、いまだに約8億人もの人々が極度の貧困のなかでの暮らしを余儀なくされています。

毎日、約16,000人の子どもが5歳になる前に命を落とし、約8億8,000人がスラム地区で生活しているという実態も報告されており、まだまだ貧困や飢餓に苦しむ人が多いという問題が残っています。

紛争

現在もなお、世界各地で紛争が続いています。2014年末までに、約6,000 万人もの人々が紛争で家を捨て、毎日平均で約42,000人が強制的な移動を強いられているのです。

また、紛争の影響を受けた国は貧困率とともに非就学児童の割合も高く、1999年の30%から2012年には36%まで増加したという報告もあります。

気候変動

MDGsだけでなく、1997年の京都議定書などさまざまな方面から、地球環境の保護は提唱されてきました。しかし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素排出量は、世界全体で1990年以降50%以上も増加しています。

他にも、2010年には推定で520万ヘクタールの森林が失われ、安全な生物学的利用限界内の資源の割合が1974 年の90%から2011年には71%に減少したというのが現実です。

こうした環境破壊によって地球環境が悪化し、気候変動が起こっています。特に、発展途上国では自然環境に依存した経済構造であることが多いため、気候変動による影響は大きなものとなります。

MDGsからSDGsへ 

2015年に達成期限をむかえたMDGsですが、いくつかの課題が残されたため、MDGsの内容を引き継ぎ発展させた「SDGs(持続可能な開発目標)」を設定し、さらなる問題解決を図ることとなりました。

ここでは、SDGsの概要とMDGsとの違いについて解説します。

参考:SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

SDGsってなんだろう? | SDGsクラブ | 日本ユニセフ協会(ユニセフ日本委員会)

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)は、日本語にすると「持続可能な開発目標」になります。MDGsでは8つだった目標を17まで増やし、196ものターゲットを定めることで、持続可能な社会・環境の実現を目指しています。

SDGsが設定された経緯

SDGsが設定されるまでには、MDGsを含めてさまざまな国際的な動きが関係しています。MDGsがスタートした後の2012年には「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」が開かれ、「グリーン経済(環境を守りながら行う経済活動)を進めること」「持続可能な開発に関する新たな決まりを作ること」について話し合われました。

2015年にMDGsが期限をむかえると、そのままMDGsを基にした持続可能な開発に関する新しい目標を立てることになりました。そうして2015年に開かれた「国連持続可能な開発サミット」で、SDGs(持続可能な開発目標)が設定されたのです。

MDGsとSDGsの違い

MDGsとSDGsのおもな違いとして、下表のような点が挙げられます。

MDGs

SDGs

目標数

8目標

17目標

ターゲット数

21

169

指標数

60

232

対象

途上国

途上国・先進国を含むすべての国

設定までのプロセス

国連の専門家主導

加盟各国の協議

SDGsとMDGsを比べると、SDGsの扱う範囲が広がったことがわかります。目標やターゲットの数が増えたことはもちろん、開発目標の対象に先進国も含まれたことが大きな違いといえるでしょう。また、MDGsが国連の専門家が中心となって設定したのに対し、SDGsでは数多くの人がプロセスに参加し、協議を重ねたうえで設定されたことも大きな違いです。

参考:持続可能な開発目標(SDGs)採択までの道のり | 国連開発計画(UNDP)

まとめ

2015年に終了したMDGsは、数々の成果をあげましたが課題も残しました。とはいえ、持続可能な開発について国際的な共通目標を立てたという点で画期的でした。

MDGsの内容を引き継いで発展させたSDGsは、2030年を達成期限としています。SDGsに設定された17の目標を少しでも多く達成するためには、国や企業レベルだけでなく、一人ひとりの努力も必要不可欠です。

MDGsとSDGsについて理解を深めたうえで、自分たちにできる取り組みについて考えてみてはいかがでしょうか。

SDGsイベントの相談をするSDGsイベントの資料をダウンロードする
マッスー

この記事を書いた人

マッスー

Webライター兼Web編集者。出版社に約10年勤務した後にフリーランスに。おもに、金融系・社会科系・ライフスタイル系のジャンルで執筆・編集に携わっています。基本的には引きこもりの超夜型で、お気に入りの音楽とスイーツに囲まれながら仕事をしています。

関連するコラム記事

新着コラム記事